MENU

大阪、広島で展開する生花・造園の『フローリスト三芳園』公式サイト

株式会社三芳園

フラワーコーディネート・造園設計・施工管理
株式会社三芳園

What's New-新着情報-

  • 2021/09/07  重陽の節句には菊を飾ってみませんか?

    9月9日の重陽の節句は、五節句の一つです。
    重陽の節句は、平安時代の初めに中国から伝わったとされています。

    古来中国では、奇数の日は縁起のよい「陽の日」とされ、3月3日や7月7日など、奇数が重なる日を祝い節句としました。
    そして、中でも一番大きい陽の数である「9」が重なる9月9日を「重陽(ちょうよう)」と呼び、五節句の1つとして親しまれる行事になったそうです。

    また、重陽の節句に欠かせないのが「菊」
    旧暦では、菊の花が咲く季節であることから、別名「菊の節句」とも呼ばれています。また、古来中国には、菊の花からしたたる露が川に落ち、その川の水を飲んだ者が長寿になったという「菊水伝説」があります。
    薬効の植物とされてきた菊が、平安時代に日本にも語り継がれ、今でも不老長寿を願い邪気を払う花として定着しています。

    そんな長寿を呼ぶ花「菊」を9月9日重陽の節句に、おうちに飾って、無病息災・不老長寿を願ってみてはいかかですか?